日々是徒然

アメリカ本土でのUSCPA受験録

FARに一発合格した勉強方法

6/27の結果発表から2週間が経ち、ようやくFARのScore Formが発表されました。以前お伝えしたように、81点で合格することができました。

1月にもFARの勉強方法について書きましたが、結果を踏まえて、私のFARの勉強方法について改めてご紹介したいと思います。

 

 

1. 勉強開始~テストまでのスケジュールとやったこと

①2018年1月~2月(1周目)

ユニットごとに講義を2倍速で視聴→MC。1つの章が終わったところでまとめてMC→TBS。範囲が終わるごとに単位取得試験を受験。

②2018年4月~5月前半(2周目)

各章ごとにMC→テキスト読み直し→TBS。

③2018年5月14日(本番の約3週間前)

アビタスの模擬試験受験(55点)。

④2018年5月後半~本番まで(3周目)

各章ごとにMCの間違えた問題をやり直し→ノートをまとめながらテキストにざっと目を通す→TBS。リサーチ問題、AICPAリリース問題(2017年)実施。

⑤2018年6月7日

FARを受験(81点で合格)。

 

全体の勉強量としては、ざっくり↓のようになりました。

MC:2.5周(3周目は間違えた問題のみ)

TBS:2.5周(同上)

リサーチ問題:アビタス教材を1周のみ

AICPAリリース問題:2017年分のみ

 

 

2. 勉強方法

1周目を開始した時点では、章ごとに講義を視聴してMCを解く、という流れでやっていたのですが、次第にMCを解く時間が無いまま講義だけが進んでしまい、やり残したMCが積み上がってしまいました。スケジュールを調整しながらあとで積み残しを片付けるのですが、これだと講義視聴から問題演習まで時間が空いてしまい、いざ問題演習をやってみたら全く分からない、という状況になってしまいます。ですので、途中で「ユニットごとに講義を2倍速で視聴してMCを解き、1つの章が終わったところでまとめてMC、TBSをやる」というやり方に変えました。これによってMCをやり残すことなく勉強を進めていくことができるようになりました。この1周目では、分からなければすぐに日本語訳を見て解くようにして、内容を理解することに重点を置きました。

なお、MCは実際にはユニット終了後と章終了後で2回解いていますが、1回目はカウントしていません。アビタスのシステムがそうなっているからそれに合わせた形ですが、実際、1回目はほとんど分からず解説を熟読してやっと理解できるという感じなので、実力をつけるための問題演習という意味では1回目はカウントしないのが良いように思っています。

1周目は、一度チャプター毎にMCを解いたあとで、記憶が新しいこともあって、MCについてはかなり正答率が高く記録されました。これがどんどん2周目以降で下がっていくのですが。。。

 

2周目は、日本語訳を出来るだけ見ずに解くようにしました。MC→テキスト読み直し→TBS、という流れにすることによって、問題演習を意識しながらテキストを読むことができ、理解が深まったと思います。

そうは言っても、3月をほぼAUDに充ててしまったため、ほぼ忘れてしまっているところも多く、MCの正答率はかなり下がりました。ただ、逆に言えば、学習から1~2ヵ月のブランクがあっても正解した問題は、完全ではなくてもなんとなく理解できている、ということのハズ。よって、3周目では間違えた問題のみやることにしました。

 

3周目は、リトライ機能を使って間違えた問題のみ解き直しました。出来の悪かった章に関しては、翌日にもさらにやり直し(4周目)をやったりもしました。3周目でも間違えてしまった問題を中心に、ノートにポイントをまとめました。自分の手を動かしてまとめると理解が進むのでノート作成はしたほうがいいと思いますが、1~2周目で作ると量が膨大になってしまい、直前の見直しには使いにくくなってしまうので、個人的にはMC3周目をやったあとに作成するのが良かったと思います。

 

1周目はMC1問に対して3分程度(解説を読む時間も含む)かかっていましたが、3周目にもなるとMC1問1~2分で済むようになってきました。本番のテストはまさにMC1問1~1.5分程度で解き進めなければならないので、本番のペースに実力が合ってきたのではないかと思います。

 

 リサーチ問題に関しては、受験直前に問題を解きながら、AICPA Online Professional Libraryを使い慣れるほかないと思います。問題演習にかぎらずいろいろとイジってみることで、公会計ならここだな、というようなアタリが分かってきます。もちろんそのチャプターナンバーを覚える必要はなくて、「この辺にあったな」くらいの認識でいいと思います。あとはいかに的確にキーワードを見つけるか。ただ、本番ではあまり時間をかけすぎず、見つからなければ捨てるのも大事だと思います。

 

AICPAリリース問題は、会計基準が変更されている可能性もあるので、あまり過去までさかのぼってやる必要はないように思います。もちろん、直前期に参考としてやるのは効果があると思いますが、私はもう二度と試験に出ないであろうAICPAリリース問題をやるより、基本を見直すためのMC・TBS・ノート作成に充てました。

 

AICPAのHPにあるSample Testは、初受験の前に何度もトライするのがいいと思いますが、私はまったく接続が安定しなかったので操作感を掴む程度しか使えませんでした。

 

3. FARの勉強におけるポイント

 もともと、2QにFARとAUDを受けようと思って2018年1月から本格的に勉強を始めましたが、結局、2科目同時並行は私には無理だと気づき断念しました。

単位取得の関係で3月をほぼAUDに費やしてしまったため、FARの勉強は1~2月(1周目)、4~5月(2~3周目)に分断されてしまいました。AUDはFARと重なる部分も多いとはいえ、テスト日程が差し迫った直前期には、3月にほとんどFARの勉強ができなかったのを後悔しました。その1ヵ月をFARに充てていれば、AICPAのリリース問題ももっとできたし、WileyやBeckerなどアメリカのUSCPAの参考書にも取り組めたのではないかと思ったからです。

蓋を開けてみれば81点で合格できたので良かったのですが、それぞれの科目に集中して勉強→受験をした方が合格はぐっと近くなると思います。

 

自分がなぜ一発合格できたのかを考えていたのですが、

①常に仕訳を意識しながら問題を解き、適宜テキストを見直すようにした

②本番では個々の問題に時間をかけ過ぎないように意識した

③リサーチ問題で早々に答えを見つけることができた

の3点がポイントだったと思います。

 

①についてですが、FARのMC問題では仕訳が分からなくてもなんとなく解ける問題もありますが、仕訳が分かっていないと正確な会計処理を理解したことにはなりません。当然、仕訳が分かったほうが正答率は上がりますし、TBSで仕訳を切る問題が出た際にも慌てずに取り組むことができます。MCの2~3周目では、問題解答そのものには必要とされていなくても、常に「このケースでは仕訳はどう切るのか」を考え、手を動かして仕訳を書き、理解が曖昧なところはテキストを見直すようにしました。

②は時間配分と意識の問題です。FARは特に範囲が多く計算問題が多いので時間との勝負になるので、難問に気を取られ過ぎないことが重要だと思います。難しい問題は英語ネイティブも解けません。USCPAの試験にはダミー問題も含まれていますし、合格者のレベルが一定になるよう点数調整が行われるので、テスト直後の手ごたえもあんまりアテになりません。とにかく、解ける問題を1つでも増やすよう勉強し、本番で落とさないことが大事です。

③は、先日受けたAUDのテストでリサーチが解けなかったので痛感しましたが、リサーチはTBSの中で唯一出来たかどうかが明確に分かる問題だと思います。これが早めに解ければ精神的にも時間的にも楽になります。TBSで1~2問必ず出題される、と分かっているので、これを捨てるのは勿体ないです。本番直前にAICPA Online Professional Libraryを使う練習はしっかりしておくべきだと思います。ただ、どうしても見つけられない場合、割り切る勇気も必要だと思います。

 

以上、FARの勉強方法についてでした。

それぞれの経験や知識量によって勉強方法は変わってくると思いますが、一つの事例として参考になれば幸いです。

 

AUDを受けた感想

本日、AUDを受けてきました。FARのテストから約1ヵ月という短いスパンで受けることにしたのは、

・AUDは範囲が狭く、FARとの関連性が高いため、FARの記憶が新しいうちに受験したかった

・REGを3Qに受けようと考えると、3Qの早いうちにAUDを終わらせてREGに集中したかった

・ちょうどアメリカは5月後半から夏休みに入るため、普段通っているESL等がなくなり勉強に費やせる時間が増えた

というような理由がありました。もともとは2QにFARとAUDを受けたかったのですが、FARの勉強に手こずって、AUDが今日にズレ込んじゃったというのが正確なところですが。

AUDのほうが範囲が狭いとはいえ、FARよりも問題文が長く、注意して読まないと意味を取り違えてしまうので、個人的にはFARよりも苦手意識があります。それなのに勉強期間が短くなってしまったので、AUDに関してはMC2.5周、TBS1.5周、AICPAリリース問題1年分をやって本番を迎えました。

 

本日AUDを受けた感想は、自信がないなぁ、、、というものです。

MC36問×2セットには、FARと同じく各50分を使う予定で、終わった時点で5分ほどオーバーしましたが許容範囲。なお、テストレット1→2に移ったところでは、難易度の変化は感じませんでした。MCはそこそこの手ごたえでTBSへ。

TBSはFARのようにやたら資料が多い問題はなかったのですが、苦手な分野が出てきたうえに、リサーチ問題は時間切れで該当箇所を見つけられませんでした。少なくとも1問まるまる落としてしまった、と思うと、けっこうリサーチ問題のダメージが大きいです。

 

ただ、いくら気にしても結果発表は9月。気持ちを切り替えて、これからREGの勉強を進めたいと思います。

FARのサプライズ結果発表!

2018年のQ2のスコアリリースは、当初の発表では、FAR・AUD・REGが6月27日、BECが6月29日となっていました。

AICPA announces 2018 CPA Exam score release dates - AICPA Insights

 

で、そわそわしながら本日アメリカ中部時間朝8時ごろNASBA SSOにアクセスしてみたのですが、結果が出ていない。Q1のリリースもシステム対応の遅れがあったみたいだし今回もそうなのかな、と思いながらAICPAのHPをチェックしていたら、いつの間にかスコアリリースが6月28日に変更されていることを発見。Q3とQ4のスコアリリース日も少し変更になってたんですね。あまりAICPAやNASBAのサイトをこまめに見ていなかったので知りませんでした。。。

CPA Exam Testing Windows and Score Release Dates

 

ちょっとガッカリしてFacebookを見ていたら、なんとNASBAがサプライズでスコアリリースしたと発表しているではないですか! でも公式HP上には何も書いてないし、私はたまたまNASBAのFacebookアカウントをフォローしていたから気づいたものの、気づかない人もたくさんいるのでは。。。こういう運営が適当なところはとてもアメリカ的ですねぇ。

www.facebook.com

 

前置きが長くなりましたが、肝心の結果です。

スコア81で合格した模様です!

まだScore Formが見れないのでちょっと自分でも信じられず、何度もNASBA SSOのサイトを眺めてしまいました。テスト本番の約3週間前に受けた模擬試験が55だったことを考えると、直前の追い込みで巻き返せたのかなと思います。また詳しくはScore Formを見てからご報告したいと思いますが、受験直後まったく自信がなかっただけにほっとしています。

 

何より、AUDの試験まで1週間切っている段階で、FAR合格の結果を見られたのは精神的に大きいです。というのも、先週AUDの模擬試験を受けたのですが、結果は55(FARの模擬試験と同じ)だったので、もしこれでFARに落ちていたらAUDも危ういのではないかと思っていたのです。。。

 

AUDは、今月に入ってから2周目(ただし1周目は3月だったのでほぼ記憶なし)をやりつつノートを作成して模擬試験を受験しました。今はMC3周目をやっています。FARよりも苦手分野がはっきりしているので、本番までに少しでも穴を埋めるよう頑張ります。

FARを受けた感想

本日、FARの試験を受けてきました。

 

約2週間前に模擬試験を受けてから、MCの間違え直しをやりながらノートを作成しましたが、TBSのやり直しは一部の分野しかできず、AICPAのRelease Questionも2017年分をやっただけ。AICPAのSample Testは、回線が悪いのかAICPAのシステムが悪いのか、なかなか接続が安定せず、ざっくり操作感を掴む程度になってしまいました。あと1ヵ月あればなぁという状況で本番を迎えましたが、これはいつ受けてもこんなもんなのかもしれないですね。。。

 

さて、肝心のテストについて。

MC各33問で構成されるTestlet 1、2には、50分ずつを割り当てる予定で、ほぼ計画通りに解けました。1→2に移ったところでそれほど難易度が上がったとは感じませんでした。当然分からないものもありましたが、それなりに手ごたえを感じつつTBSへ。

TBSは、苦手意識のあったResearch問題の答えがあっさり見つかり、時間に余裕ができたと少し安心したところで、難問にぶち当たりました。参照する資料も多いし、そもそも問題の趣旨がイマイチ理解できず。。。次のテストレットでも難問にぶつかり、時間が無くて焦りつつ、埋められる限り埋めましたが、結果については全く自信がありません。

難問がダミー問題であることを祈るばかりです。

 

次は7/3のAUDです。2ヵ月間が空いてしまったのですが、試験まで1ヵ月を切っているので、早急に復習を終わらせて模擬試験を受けたいと思います。

アビタスの模擬試験

FARの試験まで2週間を切りました。

先週、FARの2周目が終わった後、アビタスの模擬試験を予約して受験しました。結果が出るまで最長10日かかるとのことでしたが、私の場合は早めに結果が出て、スコアは55点でした。本番より少し難しめとのことなので65点を目標にしていたのですが、それには全く及ばない結果に。。。

見直しをすると、単純な入力ミス(数字やマイナス表記などの打ち間違い)も目立ったので、本番ではそういうことの無いように気を付けないといけませんね。

あと、模擬試験の直前に少しやり方を調べただけのリサーチ問題。

Professional Literature Request | NASBAで練習用のIDを取得していろいろイジってみましたが、とても使いにくくて、キーワード検索ではなかなか答えにたどり着くことができません。もう少し練習しないといけないですが、本番ではリサーチ問題は後回しにして、余った時間で解く形にするのが無難な気がします。

 

現在はFARのMC問題3周目で、これまで間違えた問題を中心にやり直し、分かっていない部分をノートにまとめて整理し始めました。ノートは本番前の見直しにも使えるようにと思っていますが、やはり自分の手を動かすと頭に入りやすいように思います。

本番までに、TBSの2周目、リサーチ問題、AICPAリリース問題をやることを考えると、アメリカの予備校のテキストは手を付ける時間が無さそうなので、アビタスの教材をキッチリやりきることにしました。というより、街で一番大きな本屋さんに行ったところ、USCPAの参考書は置いていないと言われたのです。。。アメリカなのに。。。ここがアメリカの中でも田舎だということを忘れていました。。。amazonで買うにしても日本と違って配送にやや時間がかかりますし、参考書は中身を見て買いたいタイプの人間なので、手を広げすぎることはせずに、とにかく理解を深め、穴をなくすようにしたいと思います。

 

模擬試験の結果を受けてやや焦りはありますが、あと2週間で追い込みを頑張ります。

FAR 2周目の終了

ようやくFARの2周目が終了しました。

テキスト読み直し+MC&TBS全問解き直しをやりましたが、平均して1日3~4時間程度しか勉強時間が確保できず、また、2周目はおそろかにしたくないと丁寧にやった結果、約2ヵ月かかってしまいました。

 

すでに本番3週間前になっているので、これからざざっと復習してすぐに模擬試験を受ける予定です。また、3周目はこれまで間違えた問題を解き直しつつ、苦手分野を中心にやるつもりです。

 

アメリカの予備校のテキストにも手を出したいと思っていましたが、全量やるのは厳しい時期になってしまいました。苦手分野と、アビタスでは対応不足と言われているDRSやリサーチ問題を中心に見る程度になりそうです。

 

これまで手元の電卓で計算していましたが、これからは画面上の計算機を使って、できるだけ本番の環境を意識しながらやっていこうと思います。

NTS郵送受領&受験日の決定

前回の日記から3週間も空いていしまいました。前回の日記以降、Jurisdiction IDを知らせるメールを受け取っていないので、私の場合はやっぱりNASBAに電話して聞くしかなかったようです。

 

ただ、NASBAからはNTSを印刷したものが郵送で送られてきました。これはアメリカ国内のみの対応なのかもしれませんが、消印は4/3付になっているので、NTSがオンラインで発行されたその日のうちに発送されたようです。

 

さて、このブログの更新がなかったのは、お察しの通り、計画通りに勉強が進んでいないからでして。。。

 

2018年1月~3月ごろのブログに書いていたように、もともとは4~6月の第2QでFARとAUDの2科目を受けることを目標にしてきましたが、2科目並行は個人的に厳しいな、と感じ、4月に入ってからはFARに集中して勉強しています。結局、それでもまだFARのMC2周目+TBSが終わり切っていないのですが。

 

この状況を踏まえつつ、そろそろ受験日を決定しないとズルズル先延ばしにしてしまうので、prometricでテストを予約しました。

FARは6/7に、AUDは7/3に受験します。

4~5月は集中的にFARを勉強し、FARが終わってからAUDに切り替えて、第3Qの初めにAUDを受験します。そして第3Qの後半にREG、第4QにBECを受けようと思っています。FARの結果は6月末、つまりAUDの受験前に判明するはずなので、その結果次第では計画が変わってきますが、REGは大幅に内容が変わってしまう2019年以降にズレ込ませたくないので、第3QにはREGの初回受験は終わらせるつもりです。

 

FARの1周目、時間が無くておざなりになってしまったところがあるので、2周目は丁寧にやろうと、MC全問→教科書読み直し→TBS全問を全章やっています。5月前半にそれは終わらせ、間違った問題のみやり直したあと、アビタスの模擬試験を受け、AICPAのリリース問題や、可能であればアメリカの予備校の参考書の問題を解いて、本番に臨めればベストだな、と思っています。

 

MC30問だと集中力が続かないので、10問程度に区切ってやるようにしていますが、本番の4時間を耐えられるのかという不安も。。。

 

そろそろ本番を意識した勉強に変えていかなければと思いつつ、まず早期に2周目を終わらせるよう頑張ります。