日々是徒然

アメリカ本土でのUSCPA受験録

NASBAへの電話&受験料の支払い&NTS受領

前回の日記に書いた通り、NASBAからPayment Coupon Notificationというメールを受け取ったにも関わらず、Jurisdiction Candidate IDが分からないまま数日が過ぎました。3/30(金)はアメリカではGood Fridayと呼ばれ、4/1(日)のイースターに連なる記念日でした。祝日ではないのですが、一部の学校や会社はお休みになります。

グアム出願者にはJurisdiction Candidate IDを知らせるメールが送られているという情報を見かけて、出願以降の受信トレイ、ゴミ箱、迷惑メールフォルダ全てを確認しましたが、やはりIDを記載してあるメールは受け取っていません。NASBAもイースター休暇に入っているのかもしれないと思い待ってみましたが、こういう連絡メールは人力ではなく自動的に送っているはずだし、今月中にNTSを手に入れようと思うとあまり長く待つわけにもいかない。

ということで、意を決してNASBAに電話してJurisdiction Candidate IDを聞きました。アメリカに住んでいるとはいえ、英会話、特に英語での電話は苦手なのであまりやりたくなかったのですが、こればかりは仕方ありません。

あんまりNASBAに直接電話をした人はいないと思うので、参考までにやりとりを記録しておきます。

 

①1-866-MY-NASBAに電話。

※アルファベットは、キーパッドに割り振られた数字キーを押します。この番号の場合、866-69-62722になります。

②アナウンスに従って該当する番号を入力し、担当者につないでもらう。

※私は月曜日の午後にかけましたが、この時点で自動音声で「あなたは47番目です。待ち時間はおよそ47分です」と言われました。実際には30分ほど待たされました。

③担当者(若い男性)とのやりとり。英語はうろ覚えです。

NASBA "How can I help you?"

私 "I'd like to ask you about my Jurisdiction Candidate ID. I applied to Guam Board of Accountancy and got an e-mail from NASBA about Payment Coupon Notification, but I couldn't pay because I don't have a CPA central account. Could you tell me my Jurisdiction Candidate ID please?"

NASBA "What is your first name?"

私 "〇〇"

NASBA "Last name?"

私 "〇〇"

NASBA "And your birthday?"

私 "〇年〇月〇日"

NASBA "Ok, your jurisdiction ID is GU00000000. Please try it now."

私 "(NASBA SSOに実際に入力してみる)Ok, I can enter! Thank you!!"

④秘密の質問を3つ作成してログイン完了。Payment Couponのとおり支払い手続。

 

本当は、「念のためメールでもIDを送ってくれませんか?」とか「グアム出願者にはIDが書かれたメールが送られるんですか?」とか聞きたかったんですが、何せ緊張していたものでそこまで余裕がなく。。。30分待たされたわりに実際の通話時間は2分弱でした。

もしJurisdiction Candidate IDが分からずNASBAに問い合わせる場合は、手許に出願書類を用意して、NASBA SSOの登録画面にあらかじめID以外の項目を埋めた状態で電話することをオススメします。

担当者はそっけなかったですが、私の拙い英語にもテキパキ対応してくれたのでよかったです。ただ、待ち時間が長いので、日本から電話をかける場合は電話料金を気にしちゃいますね。時差もありますし。

 

さて、無事に支払いが終わったのでこのブログを書きながら、もう一度NASBA SSOのサイトを見ていたら、なんとすでにNotice To Scheduleが発行されていました! 支払いしてから1時間も経ってません。こんなに早く発行されるんだったら焦って電話しなくてよかったかも。。。

 

これでFARとAUDを実質9月までに受けなければならなくなりました。日本と違って、アメリカでは試験会場の予約には余裕があるので、もう少し勉強を進めてから日程を決めようと思います。